ホワイトヴェールを美肌のために使用してほしい理由

ホワイトヴェールを美肌のために使用してほしい理由

日焼け止めは美容に気を使う女性からしたら、欠かせない存在ですよね。
化粧品の中でも、日焼け止めだけはこだわって選びたいという人が多いのではないでしょうか?

 

ホワイトヴェールを美肌のために使用してほしい理由についてまとめました。

 

 

日焼け止めと美肌の関係とは

 

 

いつまでも肌を美しく保ちたいのであれば、日焼け止めは絶対に欠かせません。

 

日焼けによって肌が黒くなったり、赤くなったり、といったことを経験したことがある方がほとんどだと思います。日焼けは火傷と同じなので、腫れや発疹、水ぶくれなどが起きることもあり、お肌にはかなり負担がかかります。

 

紫外線は肌の奥底にまで届いて、大きなダメージを与えてしまうんです。ダメージを受けてしまうと、コラーゲンやエラスチンを作り出している線維芽細胞にダメージを与えるため、老化を引き起こしてしまうんですよ。

 

この老化は、歳を重ねると発生するシミやシワ、たるみなどにも繋がります。
なので若いうちからしっかりとホワイトヴェールを飲んで紫外線対策をしていた方が、いつまでも美しいお肌を保つことができるんですね。

 

だからこそ、日差しが強い時はホワイトヴェールを使用してほしいのです。

 

 

SPFとPAってなに?

 

 

紫外線には、紫外線A波であるUVAと、紫外線B波であるUVBがあります。

 

PAはUVAを防ぐ効果をあらわす目安の数値です。PA+やPA++などがありますよね?この+が多ければ多いほどUVAに対する効果が上がり、PAは++++まであります。
一方で、SPFはUVBを防ぐ効果を数値で表しており、数字が大きければ大きいほど、効果は高まります。

 

この数字は何を表しているのかと言いますと、日焼けをどれくらい遅らせることができるかというのを表しています。
少し分かりにくいですが、例えばSPF50であれば日焼けまでの時間を50倍遅らせることができるということです。

 

この数字が時間表示じゃない理由は、紫外線を浴びてから日焼けしてしまうまでの時間は個人差があるからなんだそうですよ。

 

ホワイトヴェール、日焼け止めをより効果的に使うには?

 

やはり一番重要なのは、日焼け止めを塗る順番でしょう。

 

女性は、スキンケアや化粧など、日焼け止め以外も色々塗りますよね。ここに正しい順番で日焼け止めを塗らないと、効果がだいぶ違ってきます。

 

日焼け止めを塗る正しいタイミングは、洗顔後のスキンケア、つまり乳液などの後になります。化粧のベース作りに入る前ということですね。

 

また、日焼け止めを使用してから化粧をするのであれば、化粧下地もあった方が違和感はなくなるんだそうですよ。
しかし最近は、化粧下地や、ファンデーションなどにも日焼け止め効果のあるものはたくさんありますよね。

 

そういった場合は、重ね付けしたからといってあまり効果は変わらないので、日焼け止めは塗らずに外での塗り直し用としてポーチなどに、しのばせておけば良いと思います。

 

飲む日焼け止めサプリ、ホワイトヴェールの場合は面倒なことを気にすることありません。日差しを浴びるシーンの前に飲むだけです。

 

 

日焼け止めの駄目な使い方とは

 

 

さて、日焼け止めは使い方さえきちんとしていればとても強い味方ですが、使い方を間違ってしまうと肌のトラブルに繋がることも。

 

まず購入してから長い月日が経った日焼け止めは、使わないようにしましょう。
これは日焼け止めに限った事ではないのですが、化粧品は空気に触れた瞬間から酸化などによる成分の劣化が少しずつ進行します。

 

日焼け止めが劣化すると、紫外線のカット効果まで劣化してしまう恐れがあるのです。
開封状態であれば半年、未開封であれば一年ほどが目安なんだそうです。

 

更に肌荒れの危険性もあるので、勿体無いからと使い続けるのは止めて、割り切って買い直すようにした方が良いですよ。

 

他にも、日焼け止めは寝る前にきちんと落とすようにしましょう。ホワイトヴェールなら日焼け止めを落とす必要もありません。

 

化粧をしていないからといって洗顔だけで終わる人もいますが、これは肌トラブルに繋がるので、きっちりクレンジングで落とすようにしましょう。

 

日焼け止めを毎日使っている人でも、SPFとPAの意味をあまり知らずに、数値が高いから長時間持つと勘違いしている方も多いように思います。外で長時間スポーツなどをする際などは、こまめに塗りなおしていきたいですね。