できる限りシミとシワを防ぐための方法

できる限りシミとシワを防ぐための方法

女性にとっての大きな悩みの1つは、どうしても年齢とともに衰えていくお肌ですよね。中でも顔にできるシミとシワは鏡を見るたびにタメイキをつく悲しいもの。

 

そこで、できる限りシミとシワを防ぐための方法を紹介させていただきたいと思います。

 

私はもともと40代後半のときから「30代に見える!」なんて嬉しい言葉をたくさんの同性からいただいていたのですが、その理由を考えていて1つ思い当たることがありました。

 

それは、私はスポーツも外出も嫌いなので、他の人に比べて日焼けする機会が圧倒的に少なかったんじゃないかということです!

 

それで、周囲のお肌のきれいな人に聞いて回ったところ、皆さんお手入れにも気を配っていらっしゃることはもちろんですが、やはり子どものころから外遊びが好きではなかった、アウトドアよりは断然インドア派だという共通点があったのです。

 

それまで「お肌がきれい」と言われ、「若く見える」と言われるのをいいことに、特に日焼け対策は何もしてこなかった私ですが、そのことに気づいて以来、とにかく徹底的に日焼け対策をすることにしました。

 

まず、出かけるときはもちろん外へ出て洗濯物を干すときでさえ顔には顔用の日焼けどめクリーム、首筋や襟ぐり、腕などにもボディ用の日焼けどめクリームを塗り、髪にも日焼けどめスプレーをします。運転するときには長いつばのついたサンバイザーをかぶり、首回りにはストール、アームカバーも手袋も、どんな短時間でも絶対に横着しません。これらを始めて10年以上たちますが、おかげさまでいまだにシミもシワも目立つほどではなく、今も10歳以上若く見られることが多いです。

 

「千里の道も一歩から」といいます。一瞬でアンチエイジングできる魔法のようなことは存在しません。あるとしたら100%安全性が確立されていない手術なしかないのではないでしょうか。日々の努力の積み重ねこそが真のアンチエイジングへとつながります。「これくらいの短時間ならいいや」などと気を抜かずに、いつでも、どこでも、一にも二にもまず「日焼け対策」です。ちなみに紫外線の害は夏だけに限ったことではありませんから、一年を通してホワイトヴェールでのケアを忘れないでくださいね。

 

シミはソバカスと違って誰にでもできる可能性がある

 

顔にあると一気に老けた印象を与えるシミですが、できる原理は紫外線やメラニン色素などが関係したソバカスと同じです。ただソバカスは遺伝的な要素が強く、できる人はできやすいですが人によっては全くと言っていいほど出ません。またソバカスは紫外線などを浴びたことで増える事もあります。

 

シミはソバカスと違って誰にでもできる可能性があるのです。例えば顔の部位でもシミができやすいのは紫外線を浴びやすい部分です。頬骨、額、目尻やコメカミなどが多くなります。

 

シミは何と言っても出ない様に予防する事がとても大切です。元々メラニン色素は肌を紫外線によるダメージから守るために活性化し、それがターンオーバーなどで排出されず肌の内部に残ったままになったものが表面に出てくるとシミになります。

 

日焼け止めを一年を通して必ず外出時には塗る、日傘を使うなど素肌に紫外線を当てない対策をすればシミは確実に減らせるのです。

 

できてしまったシミへの対策としてはこれ以上新しいシミを増やさないようにしながらメラニン還元作用のあるハイドロキノンやビタミンC誘導体、Lーシステインといった成分を配合した美白化粧品を使うといいでしょう。新しいシミができるのを防ぐにはメラニン生成抑制作用を持つアルブチンやコウジ酸、プラセンタエキスなどが配合された化粧品が有効です。もちろん、これらの二つの美白化粧品を合わせて使っても構いません。

 

またビタミンCやプラセンタはサプリメントの内服からでも摂取できます。

 

この他にピーリングを行うのもシミを薄くする効果があります。

 

ジェルやローションなどを塗って溜まった角質を柔らかくし、除去するケミカルピーリングを行うことで皮膚の内部に蓄積されている沈着したメラニンを一緒に落とせるので、シミに悩む方は定期的に行うのがおススメです。ターンオーバーも正常化して毛穴汚れなども落ちるので美白・美肌効果もあります。

 

ピーリングは自宅でもクリニックでも行えますが、クリニックではレーザーなどを用いたより専門的な方法が可能です。