日焼け止めを選ぶ時のポイントは主に3つあります

日焼け止めを選ぶ時のポイントは主に3つあります

シミを予防するためには、紫外線対策が必要となります。

 

そのため、普段から紫外線拡散のため日焼け止めを使用するようにしましょう。日焼け止めを選ぶ時のポイントは主に3つあります。

 

一つ目のポイントは、日焼け止めの種類を把握し、用途ごとに日焼け止めを購入するという事です。商品を選ぶ時に必ず見るSPFとPAにはそれぞれ意味があります。

 

SPFには数字が1から50までが記載されていますが、数字が多くなるにつれて日焼けをするまでの時間が長くなります。一方のPAとは、紫外線A波による肌の日焼けを防止するための防御力を記号に置き換えて記載されています。記号が多いほど、防御力が強くなります。ただし、数字や記号が多くなるほど、肌への負担は大きくなりダメージが強くなります。

 

ここで、二つ目のポイントが大切になります。二つ目のポイントとは、用途ごとに日焼け止めを選び必要に応じて使い分けをするという事です。SPFやPAの数字や記号が多い商品を選ぶ時には、特にアウトドアなど長い時間を外で過ごす場合に使用します。室内で過ごす時間が多い場合には、UVカット加工が施された洋服を着てSPFやPAの数字や記号が少ない商品を使用しましょう。

 

肌への負担を考慮して、必要最低限の使用にとどめる事が大切です。そのため、洋服でカバーできる場合には使用を控え、防御力の強い日焼け止めを使用した場合には、家に帰ってきたらなるべく洗い落とし塗り直しましょう。三つ目のポイントは、塗る量にです。推奨される量は、1p平方メートルあたりに対して約2r程度を使用する事となっています。

 

そのため、べたつきが多少気になったとしても適正の量を塗る事が必要となります。また、肌へ塗る量が少ない場合には、効力の大幅な減少があるため日焼けを起こしやすくなります。日焼けを起こさず、シミやそばかすを防ぐためには、推奨されている適量を肌に塗る事が大切です。ただし、どうしても肌のべたつきが気になる場合には、特に日焼けしやすい場所を念入りに塗るようにしましょう。

 

また、顔に日焼け止めを塗る際には、UVカット効果のあるファンデーションを使用する事も大切です。家にいる時でもガラスを通り越して紫外線が入ってくるため、ファンデーションだけでも塗るように心がける必要があります。日焼け止めを落とす際には、1つ注意点があります。特に日焼け防止効果の高い商品を使用した場合には、通常のクレンジング剤などでは落ちにくく、肌へ残ってしまう可能性が高くなります。また、肌に日焼け止め成分が残っている状態が続けば、肌トラブルの原因にもなります。

 

そこで、強い日焼け防止効果のある商品の場合には、専用のクレンジング剤を使用して落とすようにしましょう。また、肌への負担が大きくならないように日焼け止めを落とす時には、優しく肌の上を滑らせ、強く擦らないないように洗う事が大切です。シワや乾燥の予防のため、洗った跡後の保湿も十分に行う事も重要になります。

 

飲む日焼け止めサプリのホワイトヴェールも併せて使用すると効果的です。