日焼け止めも毛穴の中に詰まればニキビの原因に繋がる

日焼け止めも毛穴の中に詰まればニキビの原因に繋がる

 

夏場になると海水浴へと出掛けたりバーベキューを行ったりと、若い学生さんも子供連れの家族も楽しいイベントがたくさん待っています。

 

しかし、太陽の紫外線を浴びて日焼けすると、ニキビの原因に繋がるので注意しなければなりません。

 

太陽の紫外線はUV(ウルトラバイオレット:UltraViolet)と呼ばれ、これを浴び続けて日焼けすると以下のような理由でニキビの原因に繋がります。

 

  • 角質が分厚くなって分泌された皮脂が毛穴の中に詰まりやすくなる
  • 角質が分厚くなると肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れやすくなる
  • 強力なエネルギーによってバリア機能そのものが破壊されて水分が失われる
  • 肌の老化を引き起こす活性酸素が分泌されて過酸化脂質に変わり細胞の機能が低下する

 

上記のように、毛穴が炎症を起こして詰まりやすくなり、同時に細胞の機能低下で毛包を内側から傷付ける活性酸素が発生するからこそ日焼けはニキビの原因に繋がるのです。既に肌へとニキビが形成されている状態で太陽の紫外線を浴びると、メラニン色素が増加してニキビ跡や黒ずみへと変化しやすいので注意しなければなりません。

 

冬場と比べて夏場は降り注ぐ紫外線の量が多く、尚且つ薄着になって肌を露出しやすいからこそ日焼けしやすくなります。シミやシワといった肌トラブルにも繋がりやすいため、帽子や日傘で日光を避けたり日焼け止めを塗ったりという対策が大事です。

 

日焼け止めが原因のニキビについて

 

上記では太陽の紫外線による肌への悪影響を防ぐために、日焼け止めの使用が効果的だと説明しました。

 

美肌を維持したいと考えている女性にとって欠かせないスキンケアアイテムですが、日焼け止めが原因でニキビが形成されることもあります。日焼け止めを肌へと塗布することで、紫外線散乱剤が物理的に紫外線を反射させたり、紫外線吸収剤で熱エネルギーに変えて放出させたりという理由で日焼けを防げるのです。

 

しかし、製品によっては油分が多く含まれていたり、SPF(紫外線の防止効果をあらわす目安の数値)が高かったりという理由で肌に負担となり、ニキビの原因に繋がります。肌を守っているつもりが逆に傷付けているケースもあるため、以下のような日焼け止めを選びましょう。

 

  • 紫外線吸収剤を含んでいない(ノンケミカル)
  • SPFやPAの数値が低い
  • オイルが配合されていない
  • 無香料で無着色

 

余計な成分が含まれていない日焼け止めでも毛穴の中に詰まればニキビの原因に繋がるので、
1日の終わりにはしっかりとお風呂で洗い流してください。

 

ホワイトヴェールなら毛穴に詰まることもないので、安心して使用することができます。